×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽電池はシリコン太陽電池が主流

太陽電池(ソーラーセル,ソーラーパネル)は、電卓でおなじみとなり、最近では省エネルギーで地球の 環境にやさしいクリーンエネルギーとして注目を浴びています。 太陽電池は、太陽の光エネルギーを光起電力効果を利用して電力に変換して発電することができます。 太陽電池は、シリコン太陽電池が主流ですが、シリコン以外の半導体素材でも実用化されています。 有機系の太陽電池は、シリコンなどの無機化合物より生産コストを低くおさえることができるため、 各メーカの開発が競われています。 有機系の太陽電池には、色素増感型太陽電池、有機薄膜型の太陽電池があります。 太陽電池(ソーラーパネル)は、同じ省エネルギーとして注目される風力発電機より安定した 発電ができますので利用者が年々増加しています。 太陽電池は、マンションのベランダにもおける小型で手軽なタイプから電力会社に売電できるほど 本格的な太陽電池発電システムまでさまざまなニーズに応えることができるようになってきました。 新築の家に最初から太陽電池の発電システムを設置している家も増えてきて、環境と省エネルギーに 敏感な方が多くなってきましたね。

省エネで環境に優しい太陽電池

CO2の温暖化問題など地球環境に対する危機感がいわれていますね。 太陽電池は環境と省エネルギーに貢献します。 各家庭で太陽電池発電システムを設置すると、電力会社に余った電力を 売電するとこで電力会社から電力料金を受け取ることができます。 太陽電池の発電量が足りないときには、電力会社から電力を買うことに なるので、電力メーターは、売電用と買電用の2種類になります。 太陽電池の発電システムとオール電化は、昼間の高い電気代を太陽電池の発電で 売電して夜間の安い電力のみを電力会社から買うことになるので、 経済的な効果が高い、相性がとてもいい組み合わせです。 オール電化にするとガス、ボイラーの灯油代などが不要になります。 ガス、ボイラーを使わないとCO2を家庭で発生させることも無いわけですね。 太陽電池の発電システムの設置コストは、メーカーによりさまざまですが、 自動車一台分くらいになっています。 オール電化でのガス、灯油代削減と売電による利益を考えると導入しても メリットが高いと思われます。 シュミレーションを行ってくれる業者も多いので、検討してみては いかがでしょうか。

太陽電池発電システムの設置コスト

太陽電池(ソーラーパネル、ソーラーモジュール)の発電システムは、 地球環境にも優しく、省エネルギーにも貢献する優れた発電システムですが、 問題は太陽電池発電システムの設置のコストですね。 見積もり条件変わりますが、自動車一台分はかなり高額です。 最近は、非営利の銀行で環境や省エネルギー商品にお金を貸す銀行が 増えてきています。 非営利の銀行なので、通常の銀行より低金利で融資が受けられます。 太陽電池発電システムはまさに条件にあてはまりますので、 利用を検討されてみてはいかがでしょうか。 以前は、太陽電池発電システムに国からの補助金が出ていたのですが、 現在は中止されているようです。 しかし、地方自治体によっては、太陽電池発電システムに補助金を出している こともあるのでこちらも確認してみてくださいね 次世代の太陽電池として期待されている有機系の太陽電池は、 色素増感型太陽電池、有機薄膜型の太陽電池があります。 有機系の太陽電池が実用化されればかなりコストダウンした 太陽電池が家庭で手に入ると思われます。 環境と省エネルギーに有効な太陽電池の製造メーカーは、年々増加しています。 数年前は、シャープが世界シェアトップだったのですが、 現在は入れ替わっています。 シャープ以外にもホンダ、京セラ、三菱、三洋など大手のメーカーが 太陽電池に参入しており、競合により今後のコストダウンが期待できます。

Copyright © 2008 省エネで環境に優しい太陽電池(ソーラーパネル)